新春囲碁将棋大会を開催しました(みしまコミセン)

1月26日(土)に恒例の「囲碁将棋大会」が開催されました。
三島地域にコミセンができた1年目から開催されている学習部会の事業で、今回で10回目となりました恒例事業です !(^^)!
囲碁の部7名、将棋の部7名の計14名が参加しました。

前日から雪が降り大会当日も終日雪が降り寒い一日になりましたが、会場内はパチンパチンと心地よい音が響き、熱気ムンムンの一日となりました。

入賞者の皆さんを紹介します(敬称略)
【囲碁の部】
優  勝:西原 勝
準優勝:佐藤 祐一
【将棋の部】
優  勝:大滝 正秀
準優勝:難波 正

米粉まんぷく料理教室を開催しました(みしまコミセン)

三島公民館との共催事業「米粉まんぷく料理教室」を、地元の農協さん JA越後さんとうの職員さんを講師にお迎えし、1月19日(土)と1月22日(火)の2回開催しました。

近年 製粉技術の向上やパン用の米粉の開発等で、ぐっと扱いやすくなった米粉と長岡野菜をふんだんに使った、「超まんぷく」な料理教室となりました。

みしまコミセン10周年記念事業 川北秀人氏講演会を行いました!(みしまコミセン)

1月27日(日)川北秀人氏を講師にお招きし、「超高齢化社会の適地適策とは?新たなまちづくり講演会」を開催致しました。

当日は100名弱の方に参加頂き、冒頭に講師の「この講演会を誰に伝えたいかを考えながら聴いてください」との言葉から始まりました。

昭和から平成にかけての暮らしの変化に伴い、地域づくりは「今まで通りでいい」ではいられない。このままでいい、決められないではなく、これからの10年を見据えながらまずは「決めてみる、やってみる、ダメならやり直してみる」という積み重ねが大事!と胸に突き刺さる講演でした。

講師より三島地域に密着したデーターと分かりやすい事例で、あっという間の3時間でした。

参加者より「こんなに眠くならない講演会は始めてだ!」、「身近に感じられた!」との声が多数上がり大満足の講演会になりました。

年末を楽しむシリーズを開催しました(みしまコミセン

学習部会では『年末を楽しむシリーズ』4教室を開催しました。

  11/13から火曜4回シリーズの「パソコンで作る卓上カレンダーと年賀状教室」講師はみしまフレンドの片桐さん。毎年楽しみに参加される方も多いようです。

 持参された画像を年賀状やカレンダーに差し込み、オリジナル作品を作成されている方もいられました。

 参加者からは、「わからない箇所を、個別に教えてもらう時間帯を作ってもらいよかったです」、「最初の1回だけ参加するつもりだったけれど、ずっと通いました」というご意見をいただきました。

 11/18(金)は、この時期すっかりお馴染みとなった「ハカマ紙(※)づくり教室」。(※ 縁起物の絵柄が切り抜かれた白い紙。新年の安全や健康祈願など祈りを込めて神棚やお飾りから下げます。 家庭や地域によって使い方も呼び方(袴紙・下げ紙)も変わります 。)
 講師の小熊さんから、切り方のコツなどを教えていただき、黙々と切り上げます。

 その後にコミセンへ見えた方が、「あれから自宅でもやりました。親戚へもあげようと思っています」と話されていました。

11/21(水)と11/30(金)は、「水引小物づくり教室」。

 今回は、水引と千代紙と組み合わせたかわいいポチ袋作りを、講師の北嶋さんから教えていただきました。

 まずは一本の水引で基本となる「あわじ結び」に挑戦です。

 「イイ頭の体操になるね」という声が聞こえ、次は二本、三本と水引の本数を増やしてみたり、梅結びをしたり・・・。

 千代紙と水引の組み合わせで個性が溢れるものができあがり、かわいくて人にあげるのがもったいないような気もします (-“-)

12/1(土)は、「おせち作り教室」

 「作り続けたいおせち料理」をコンセプトに、講師の栄養士の吉野先生から教えていただきました。

 時期になればスーパーに並び、ネットでも簡単に注文できますが、思ったよりずっと手軽にできる料理やアレンジ料理を教えていただきました。

 「子どもと一緒に作ります!」

 「家に帰る途中でスーパーに寄って、食材買ってすぐに作ったよ」という話を参加者から聞きました。

 

えちご長岡・佐渡広域観光フェアに出店します。

みしま観光協会では、今週末12/1・2と、東京都台東区の上野恩賜公園竹の台広場において、「えちご長岡・佐渡広域観光フェア」に出店します。

出店者は、㈱栁醸造さん、㈲高野屋酒店さん、中長鋸製販さん、㈲会館 野崎家さんのみなさんです。

また、三島地域からは、名物「丸太早切り」の体験会も実施します。

首都圏にお住まいの皆さまにお会いできることを楽しみにしていますので、お時間ありましたらお越しください。

詳細サイト

http://www.nagaoka-navi.or.jp/event/16878.html

みしま観光協会 観光視察の旅に行ってきました!

 素晴らしい秋晴れが広がった11月8日木曜日に、予定しておりました観光視察の旅を無事に実施することができました。

 参加者は16名で、十日町市松代地域(旧松代町)を訪れて、地域資源を生かした観光事業を視察してきました。

 山間の集落で、和紙の原料となる「コウゾ」を栽培して和紙を加工販売している工房に赴き、紙すき体験をさせていただき、里山食堂では、里の恵みをたっぷりといただき、郷土資料館では、松代地域の歴史に触れてきました。

 参加者からは、お天気も良くて大変良い経験をさせていただたいたと感謝の声をいただきました。

 今後も、三島地域の地域資源を活用しての観光事業を検討していきたいと思います。

ヨガ講座を開催しました(みしまコミセン)

健康部会では、10月27日・11月3日の2回にわたり、ヨガ講座を開催しました。

シヴァナンダヨガインストラクターの南波佐和子さんをお迎えし、普段より深い呼吸を意識し、「人とは比べない」「できるところまででいいよ」という先生のやさしい声に合わせ挑戦しました。

ゆっくりとしたテンポで動いているけれど、じわじわと汗が出てきて途中から体がぽかぽかしました。

講座翌日には、普段使っていないであろう箇所が心地良い筋肉痛となりました(^_^;)。

先生から教わった動きを、毎日少しずつでも続けていきたいと思います。

みしま観光協会主催、観光視察の旅を開催します。

みしま観光協会主催、観光視察の旅を開催します。

みしま観光協会では、今年も恒例となりました「観光視察の旅」を開催します。
今年度は、秋の妻有郷(十日町市松代地域)を視察します。
紙すき体験や、里山ごはん、松代の歴史と文化触れる一日を設定しました。
ご家族、ご友人をお誘い合わせのうえ、皆さまからのご参加を会員一同、心よりお待ちしております。

           記

日  時  平成30年11月8日(木)
 集合・出発 8時30分 三島支所正面玄関前集合
方  面  十日町市松代地域
会  費  ¥3,000円
定  員  20名(先着順)
締め切り  平成30年11月2日(金)
      ※定員になり次第締め切ります。
申込・問合せ先
みしま観光協会(事務局:三島支所産業建設課内)
      ℡0258-42-2249  FAX0258-42-3534
  E-Mail msm-sangyo@city.nagaoka.lg.jp

【募集チラシ】視察研修(おもて)

【募集チラシ】視察研修(うら)

秋のウォーキングを開催しました(みしまコミセン)

健康部会では、10月13日(土)に秋のウォーキングを開催しました。
多世代健康づくりセミナーやみしま総合型スポーツクラブ キラ、スポみしま、学習部会との共催事業です。
重山先生からストレッチや正しい歩き方を教えてもらい体を温めた後、今回は鳥越集落開発センターをスタート、鳥越クリーンセンターや牧場脇を通り、道路脇に落ちたどんぐりやたわわに実った柿、畑の野菜を見ながら秋の鳥越のまちなかをのんびり歩きました。

程よいアップダウンのあるコースで、秋を楽しみました♪

みしまコミュニティまつりを開催しました(みしまコミセン)

秋晴れのとても気持ちのよい10月8日(月・体育の日)、みしまコミセン開設10周年記念の『みしまコミュニティまつり』を開催しました。

みしま会館会場では、三島かたくり太鼓の息の合った演奏で幕を開け、磯田長岡市長や関市議会議員からのお祝いのことばをいただいた後、高校生に成長された佐藤ひらりさんのコンサート、そして瓜生の伝統的な御神楽舞を披露していただきました。

 

 

コミセン会場では、作品展やホールイベント、楽しい工作教室、愛情たっぷりのカレーなどコミセン食堂が開催されました。

各種イベントは、地域の多くのみなさん、部会の皆さんや関係者の御協力によりたいへん盛大となりました。ご来場のみなさん、そして関係者のみなさん、ありがとうございました。

今後とも、みなさんの『みしまコミュニティセンター』を一緒に育てていきましょう♡