ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

いざという時 大切な人を救いたい 『普通救命講習』(みしまコミセン)

6月20日(水)と7月6日(土)の2回にわたり、学習部会・健康部会の共催で『普通救命講習』を開催しました。

与板消防署の方から心肺蘇生法とAEDの使い方を教えていただき、そのあと一人ずつ実践。

心肺蘇生法は想像していたより強く胸を押さなければならなく、脳に血液を送ることが大切です。家庭でも職場でも、一人でも多くこの知識があった方がいいと思いました。

また、止血法や熱中症対策についてもお話していただき、三時間の講習はあっという間に感じられ、充実した講習会となりました。

体幹トレーニング教室が始まります(みしまコミセン)

いよいよ、夏の体幹トレーニング教室が7月11日から3週連続で開催されます。
「体幹」てよく聞くけど、正直なんのことかよくわからな~い……。
 何をするの?
 という方大歓迎です!
 ヨガとは少し違います。
ジメジメする梅雨と暑い夏を乗り切るために、身体の基本の基「体幹」を鍛えましょう。 \(^-^)/
 詳しくはコミセンまでお問い合わせください。

旬な話題を学ぼう「元号とは?」(みしまコミセン)

学習部会では、6月26日(水曜日)、新潟県立歴史博物館 学芸課長の浅井様より「元号とは?」を講演していただきました。

いつから元号をつけるようになったのか、また改元のきっかけや手順などを学びました。

日本では天皇の代替わりや、祥瑞(縁起のよい前兆)や災異(天災、社会不安)、政治的な都合などで改元した時代もあり、そして現代に至っているとのことです。

今までの元号で最も多く使われた文字は「永」で29回、「令」は初めて使われました。

また、新元号「令和」に込められた意味や思いも学び、この文字を引用した書物は万葉集の短歌のなかで、「令」は「よい」、「和」は「やわらか」の意となっています。

みなさんの日々の生活が「令く」、「和く」ありますよう期待したいですね。