ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

歴史講座「河井継之助と戊辰戦争」開催しました!(コミセン学習部会)

 6月29日(水)午前10時からみしまコミュニティセンターで、新潟県長岡地域振興局のご協力を得て“観光ボランティアガイドが語る「河井継之助と戊辰戦争」”を開催しました。平日の午前中という時間にもかかわらず、募集定員を上回る30名余の方からご参加いただきました。講師は河井継之助記念館ガイドボランティアの会の山田明会長で、最初に「歴史用語基礎解説」で石高や暦などの基礎を解説いただいたあと、河井継之助の生涯に即して丁寧に解説していただきました。また、三島の地は戦地ではありませんでしたが、戊辰戦争の状況に合わせて三島の状況などもお話しいただきました。河井継之助の名前の読み方についての質問に対し、“つぎのすけ”と“つぐのすけ”どちらが正しいということはわからないが、長岡では“つぎのすけ”と、只見町では“つぐのすけ”と呼んでいるとの話があり、疑問点が解消された気がしました。
 最後に長岡地域振興局から配布資料の説明と映画「峠」の予告編の上映があり、参加していただいた方にとってはあっという間の1時間半だったのではないかと思います。
 コミセンでは、今後も多くの方から楽しんでご参加いただける講座を計画していきますので、気軽にご参加ください。

令和4年度 第64回 三島まつりのご案内

~3年ぶりに開催、ふるさとのまつり~

 新型コロナウイルス感染症の影響で2年間、中止せざるを得なかった三島まつりを、今年は規模を縮小して8/14(日)、16(火)に開催します。
 今年は、14日の夜に、歌手 澤田知可子ミニライブを開催します

掲載サイト
https://e-mishima.info/?page_id=11

2022三島まつりポスター.pdf

<「茶の間で学ぼう〜防犯対策寸劇」今年もやります!②(コミセン福祉部会)>

 オレオレ詐欺などの特殊詐欺はこの三島地域においても決して他人ごとではありません。コミセン福祉部会ではこうした被害にあわないようにするため、昨年から「茶の間で学ぼう〜防犯対策寸劇」を行っており、6月28日(火)は鳥越の茶の間(すえひろ会)で実施しました。今回は、①市役所職員を名乗る還付金詐欺、②羽毛布団などの高額商品を売り付ける睡眠商法、③息子を名乗るオレオレ詐欺の3本立てです。18名の茶の間参加者はコミカルな寸劇に笑い声をあげながら、しっかりと内容を確認しあっていました。電話でお金が戻る話やキャッシュカードを持ってATMに来てくれなどというのは間違いなく詐欺です!電話で息子を名乗ったら、すぐに電話を切って本人に掛け直して確認しましょう!困ったことや不安に思ったらすぐに警察や長岡市消費生活センター(32-0022)に電話しましょう。
 最後に、みしまの民話紙芝居「太助と観音様」と「きつねのわび証文」を披露してきました。

全日本丸太早切選手権大会を3年ぶりに開催します!

 「2022全日本丸太早切選手権大会」の参加申込受付を7月7日(木)から開始します。今大会から専用申込フォームからの受付もできますので、皆さん奮ってご参加ください!
 今年の大会は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、小学生の部・女性の部・一般の部の各部門最大24組までの県内在住者のみの参加とし、丸太早切り一発勝負でタイムを競い、優勝・準優勝・3位を決定します。

掲載サイト  https://e-mishima.info/?page_id=13

<「茶の間で学ぼう〜防犯対策寸劇」今年もやります!(コミセン福祉部会)>

コミセン福祉部会の「茶の間で学ぼう〜防犯対策寸劇」を吉崎の茶の間で実施しま し た。
昨年度から始めた 「防犯対策寸劇」の 活動 も 今回で 5 か所目 の訪問 になりました。
部員制作の オリジナルシナリオの寸劇とみしま民話の紙芝居「太助と観音様」と「きつねのわび証文」を披露しました。
ボランティアさんも含めて18名の参加者が防犯寸劇の内容に笑い、紙芝居の拍子木の「カンカン」っという音に懐かしさを感じながら楽しんでくだ さいました。
次回は、鳥越地区の茶の間を訪問する予定です。

口コミから広まり、声をかけていただいた茶の間に福祉部会が訪問しています。
訪問希望がありましたらコミセンまでお問合せ下さい。
ピンクのTシャツが目印の福祉部会が笑顔を届けにうかがいます!