丸太早切選手権って何?

  

この競技は、子供たちが地元を誇れるように、また三島地域の知名度を上げるためにと、異業種交流グループ「爐談(ろだん)みしま」や三島町商工会が中心となり、地域を活性化するイベントとして考え出されました。
 三島地域は面積の約6割が森林であり、多くの杉が育てられています。また江戸時代からの伝統である脇野町鋸(わきのまちのこぎり)という特産があります。この2つを組み合わせたもので何かできないだろうか、と考え出されたのが「
全日本丸太早切選手権大会」です。
 毎年8月16日の三島まつりにあわせて開催されるこの大会は、平成3年に第1回大会が行われました。その後、7・13水害による中止などを乗り越え、現在まで開催されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加